介護システムを活用して業務に役立てよう【便利ツールを必見】

ウーマン

国保連伝送サービス

パソコンを操作する女性

ケアネットメッセンジャーは、業界最大シェアを誇る国保連伝送サービスです。電子証明書も国保中央会伝送通信ソフトも不要で、月々1000円で国保連伝送ができます。セキュリティも万全で、不正アクセス、災害などでデータが消える心配もありません。

もっと詳しく

社会の変化とニーズ

介護

高齢化社会に伴って高齢者とともに介護サービス施設も増加しています。その多くの施設で利用されているのが介護システムで、職員の業務の軽減に役立たれています。そのシステムを提供している業者はITだけでなく介護や法律にも精通しています。

もっと詳しく

介護は情報を扱うところ

介護

近年介護施設の必要性が叫ばれており、急増しています。しかし、一口で介護施設といっても在宅サービス・施設サービスと大別することができ、さらにそれぞれにいろんな形態のサービスがあるのです。介護というサービスを提供することには変わりはありませんが、その管理の方法は大きく異なります。例えば、在宅サービスではホームヘルパーが要介護者の家を回っていきますが、施設サービスではその施設内で介護士が働くことになります。そのため、ケアプランやスケージュール管理などのために介護システムを導入しようと考えているのならば、その形態に合ったものを選ぶようにするのが定石と言えます。介護システムを提供している業者も、それぞれの形態に沿ったシステムを構築しているところを選ぶのが良いでしょう。

その介護システムを導入するとき、情報流出には細心の注意を払うことが大切です。というのも、多くの場合は職員一人一人がタブレット端末を所持してそこから共有している情報を得ているからです。もしも、そのタブレット端末を落として、悪意の第三者の手にわたってしまうと介護システムの情報が引き出されていくことになります。特に要介護者の情報は、氏名・年齢以外にも病歴なども載っていることもあるので情報流出させるわけにはいけません。そのため、職員にタブレット端末を持たせるとしてもパスワードを設定させるようにして、仮に紛失したとしても情報が流出できないように一人一人に注意喚起させておくことが情報を扱うものとして大切なことです。

お年寄りにぴったりな施設

女の人と男の人

静岡にある老人ホームでそれぞれ環境が違うので注意しておきましょう。よくわからないときはコンサルティングサービスがあるので利用してみるといいです。また利用する前にチェックポイントがあるのでこれも知っておきます。

もっと詳しく