国保連伝送サービス|介護システムを活用して業務に役立てよう【便利ツールを必見】

介護システムを活用して業務に役立てよう【便利ツールを必見】

ウーマン

国保連伝送サービス

パソコンを操作する女性

業界最大シェアのシステム

ケアネットメッセンジャーとは、月々1000円で国保連伝送ができるサービスです。暗号化されたインターネット回線を通じて請求ファイルを送信すると、そのサーバーから国保連合会に伝送を行ってくれます。国保連合会より発信される「審査結果」「支払通知」などのデータを受診することも可能です。大手介護事業者も多数採用しており、未請求防止のための注意メールも届くので安心して利用できます。管理ファイル作成ソフトはどのメーカーでもOKで、インターネットができる環境ならどこからでも使えて便利です。ケアネットメッセンジャーは、費用も月々1000円と安価で、電子証明書や国保中央会の伝送通信ソフトは不要です。以上のような理由から、大変人気のあるシステムとなっています。

サービスのしくみと安全性

従来のインターネット請求(伝送)には電子証明書の取得やパスワード更新などの手続きがいくつもあって、管理がすごく面倒でした。国保中央会のソフトを購入しなければいけなかったり、なにかと複雑でわかりにくかったものです。しかし、ケアネットメッセンジャーを使用すると、簡単・スムーズ・正確な請求業務ができます。このシステムを知っていると知っていないとでは業務の手間に大きく差が出るでしょう。通信ないようはSSLによる暗号化処理で安心ですし、クラウド環境下にあるシステムを、専門の技術者が24時間365日監視しています。政府機関や大手企業が採用しているものと同様のサーバを利用しているので、セキュリティが万全で不正アクセス・災害・機械の故障などでデータが消えることはありません。ケアネットメッセンジャー情報セキュリティマネジメントに関する国際規格も取得している会社なので安心です。